ラジオを聴く♪

ラジオ

 

平塚です。

 

ものづくりをするとき、音楽をかけることが多いです。

 

お気に入りのCDをかけることが大半ですが、

最近はメンバーがラジオをかけることもしばしば。

 

昔ラジオを聴くことが日課になっていた時期がありました。

 

電話でリクエストをしたり、

はがきに感想を書いて送ったり、

DJさんの目にとまってひょっとしたら番組内で読んでくれるかも♪

なんてドキドキしながら聴いていた頃を思い出します。

 


白黒のマレーバク♪

マレーバク

 

平塚です。

 

前々回、北極うさぎを紹介したのですが、

反響があってビックリ!

 

ということで、

今回も気になった動物をご紹介します!

 

マレーバク♪

 

カラダの配色がパンダみたいに白黒がはっきり分かれています。

天敵から身を守るためだそうですがコントラストがあって逆に見つかりそう。

と思ったら、実はマレーバクは夜行性、納得です!

 

この白黒のマレーバク。

タイのある地方では「神が余り物を繋ぎ合わせて創造した動物」なんて言われているそうです。

余り物という表現はどうかと思いますが、

つなぎ合わせて創造したというところがパッチワークのようで何とも不思議!

 

バクは夢を食べるなんて言われてますが、

動物のバクじゃないというのはご存知でしょうか?

 


北極にうさぎ♪

北極うさぎ

 

平塚です。

 

寒い日が続きますね。

クチブエの拠点である京都はまさに底冷えな日々。

 

そんな寒い日にテレビで北極で生存している動物の特集が。

北極といえば、ホッキョクグマ、ペンギン、クジラ、そんな感じでしょうか。

 

ますます寒くなると思いチャンネルを変えようと思った矢先、

釘付けになった動物がこれ!

 

北極うさぎ♪

 

極寒の地にいるので体は厚い毛で覆われていてふかふか。

丸まっている状態はとても可愛いんです!

 

北極にもうさぎがいるのにも驚きましたが、

立ち上がるとさらにビックリ!

 

なんと足が長いんです!

なので走るのも早い!

時速60キロ程度で走るんだそうです!

 

というわけで北極うさぎを描いてみました♪

いかがでしょうか?

 


雪が舞う朝♪

 

雪舞う2

 

平塚です。

 

朝から雪が舞っていました。

 

外に出ると、

クチブエアトリエ前でもキレイな白化粧が始まっている最中。

 

すぐにカメラで撮りました!

 

このまま降り積もるのかな…と思ったのですが、

太陽が出てすぐに消えてしまいました。

京都ではあるあるなんですよね。

 

少しの時間の出来事でしたが、

いつもと違う風景に感激した朝でした♪

 


2017年の始まり♪

2017年賀状

 

平塚です。

 

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

 

今年は酉年。

俳句で冬の季語にもなっているふくらすずめを描いてみました♪

「福良雀」や「福来雀」という当て字をするぐらい縁起がいいんだそうですよ。

 

寒い冬に全身の羽毛を膨らませて丸くなっている状態なんですね。

ただ防寒対策していることが、周りを幸せにするなんて、

ビジュアルの可愛らしさだけじゃなく、何だか幸せを感じます♪

 

今年も変わらずに、

クチブエらしく過ごせたらと思っています。

あらためましてよろしくお願いいたします♪

 


京都は住所が2つ?

京都を歩く

 

平塚です。

 

今年も師走となりました。

 

年末になると年賀状の準備がギリギリになってバタバタするので、

今年は少しでも早めに!と思い住所録の整理を始めました。

 

ふと、「京都の住所って不思議だね」と言われたことを思い出しました。

 

例えば、

京都は住所が2つあるのはご存知でしょうか。

 

住まいが2つあるわけではありません。

役所に登録されている住所が1つ。

もう1つは通りの名前で表された住所。

もちろんどちらでもちゃんと郵便物が届きます!

 

京都の中心は東西と南北で通りがわけられているのはご存知だと思います。

東西は13の大路と26の小路、南北は11の大路と22の小路という感じで、

よく碁盤の目なんて呼ばれますよね。

 

通りが交差する場所を2つの通り名で呼ぶのが京都での常識!

「四条通」と「烏丸通」が交差する場所は「四条烏丸」という感じです。

 

さらに、

北に行くと「上ル(あがる)」。

南に行くと「下ル(さがる)」。

公文書では送りがなの「る」はひらがなでもいいみたいですが、基本はカタカナ。

東に行くのは「東入(ひがしいる)」。

西に行くのは「西入(にしいる)」。

なんと東西は「る」が省略されるのが基本。

 

これらを組み合わせて場所を特定できるわけです。

 

ずっと京都に住んでいるので当たり前になっていたことが、

他府県の方々からすれば不思議なことだったりするんですね。

 


今が使い時?

新しいお皿

 

平塚です。

 

普段、日常で使っている食器ってどうしてますか?

 

定期的に変える派?

それとも使い続ける派?

 

僕は割れたり欠けたりしない限り、

取り立てて新しくしたりしないのですが、

一般的にはどうなんでしょうね。

 

先日実家に帰った時に母がプチ大掃除をしていたときのこと。

お歳暮やお中元、お祝いなんかでいただいた食器がたくさん出てきました。

 

有名な焼き物で5点揃いの湯呑と茶托、

スープやカレー用の深さのある丸皿、

小鉢と大鉢のセットなどなど。

 

「思い切って使ってみない?」

と話がまとまり、いざ食器棚へ!

 

すると、

今まで使っていたものよりしっくり手に馴染んだり、

絵柄や色合いが変わったせいか気分まで変わったりと、

何だかいいことばかり♪

 

だからといって、

今まで使っていたものを一斉処分!なんてことはできない貧乏性だったりするのですが(笑)

 

食器を新しくするタイミングって本当に難しいですよね。

使う時が来るまで大切に取っておこうという考え方もわかりますし、

せっかくいただいたのだから使ってみたいという考えもわかります。

 

皆さんの家にもしまってある食器類があるんじゃないでしょうか。

使う使わないは置いておいて、

一度確認してみるのもいいんじゃないかと思います。

ひょっとすると今が使い時かもしれませんよ♪

 


ラ・フランスの記憶?

ラ・フランス

 

平塚です。

 

ラ・フランスって食べたことありますか?

 

ずっと昔に食べた記憶があるのですが、

あまり味を覚えてない…というのが正直なところです。

 

つい最近、ラ・フランスをいただき食べてみるとビックリ!

梨と桃を掛け合わせたような味と食感!

本当に美味しい♪

 

気になり調べてみると…

フランスで開発された品種だそうですが、生産するには気候が合わず、今では日本でしか生産されていないんだそうです。

しかも正式名は品種の発見者であるクロード・ブランシェ(Claude Blanchet)氏の名前が付いていることにも驚きました!

 

さらに、

ラ・フランス=西洋梨(洋梨)ではなく、

西洋梨というくくりの中のひとつの品種がラ・フランスなんです!

ラ・フランスを含め西洋梨の品種数は4000種類以上あるんだそうですよ。

 

以前にバナナとリンゴ掛け合わせたバナップルのことをブログに書きましたが、

身近な果物でも知らないことがたくさんあるんですね。

 

 *バナナとリンゴ → こちら

 

美味しい果物が食べられることはとても幸せです♪

秋ですね。

 


お神輿ワッショイ♪

御香宮お祭り2 御香宮お祭り1

 

平塚です。

 

京都伏見にある御香宮神社で毎年開催される御香宮神幸祭。

クチブエアトリエはその近くにあります。

 

最終日になるとお神輿が出て大賑わいに♪

大勢の人たちが「ワッショイ!」と声かけをしていました。

 

小さい頃からずっと神幸祭を見てきたので、

この時期になると当たり前の光景なのですが、何だか胸が躍ります!

 

神社内とその付近にはたくさんの屋台が出るのも恒例。

実はそっち目当てだったりします(笑)

 


夢はポジティブ?

夢見る少年

 

平塚です。

 

「夢」という言葉。

 

睡眠中に見る幻覚のようなものをいう場合もありますし、

将来の自分の目標や希望を指すこともありますよね。

 

哲学的な問いかけではないんですけど、

少し気になりませんか?

 

調べてみると諸説あるそうですが「寝ている間に見るもの」という意味の「寝目(いめ)」という言葉が語源だそうで、平安時代以降に「ゆめ」となり「はかなさ」の比喩表現として使われるようになったんだそうです。

でも目標や希望を表す言葉になったのはもっともっと後のことみたいです。

 

どちらにしても「現実では無い」ということになるんでしょうか?

現実では無いものに目標や希望を感じるのはどうしてなんでしょうか?

 

夢は叶えると夢じゃなくなるなんていいますが、

それでも夢に向かっていくのはどうしてなんでしょうか?

 

あれ?哲学的な問いかけになってますかね(笑)

 

現実では無いものがポジティブにもネガティブにも取れるのなら、

ポジティブな方が幸せな気がします♪

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:507 最後に更新した日:2020/02/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM