平展ブログ始まりました♪

平展のブログ

平塚です。

名前の最後に「平」の文字が付く芸術家を集めた展覧会が、
2010年1月に京都の元立誠小学校で開催されます。

僕も名前の最後に平が付くので声をかけていただき、
展覧会全体のアートディレクションを担当させていただくことに。

まずブログから始まります。

多くの作家さんが参加されるので連絡用として、
メディアや美術関係の方々への広報用として、
知人、友人の方々へのお知らせ用として、
平展がどんなふうに出来上がっていくのかをお知らせするツールとして、
ブログを立ち上げることになりました。

まだ始まったばかりで詳細も随時お知らせする形になりますが、
会期終了まで続きますので(予定ですが)、
興味のある方は、是非ともチェックしてみて下さい♪


平展2010ブログ http://hey2009.exblog.jp/

涼水想菓

涼水想菓

森脇です。

8月に入り梅雨も明け、毎日暑い日が続いていますね。
みなさん、いかがお過ごしですか?

夏にぴったりの涼しげなお菓子をいただきました。
涼水想菓
なんだか名前だけでも涼しげです。
柚子味のゼリーの中を、金魚が泳いでるんですよ〜。
奥の緑の玉はなんでしょう?まりも…?
ツルンとした食感と爽やかな味、そして見た目の涼しさに、暑さで滅入った気持ちも癒されました。

Mさん、いつもありがとうございます♪

ヒゲクマくんの宅急便

ヒゲクマくんの宅急便

平塚です。

魔女の宅急便の再放送を見ました。

僕はジブリ作品の中でこの作品がとても印象に残っています。

美術大学時代に、この映画に出逢いました。
作品を制作することに大きな疑問を抱いていた頃で、
大きな衝撃を受けたのを今でも思い出します。

それは、
飛べなくなったキキが絵描きのウルスラの小屋に泊まりに行くシーン。
「魔法と絵は似てるんだね」から始まる2人の会話には、
その時の僕にとって大切なことが詰まっていると感じました。

そして、
ある理由でキキは飛ぶことができます
それは、今までのように何となくでは無く、
飛ぶことを必要とし、ちゃんと実感して。
なのに、うまく飛べない…。
でも前より少しだけ飛ぶということが分かったのかもしれない。

絵を描くのが好き
という理由でこの世界に入った人は多いと思います。
僕もそのひとりだけど、
しばらくすると好きだけじゃやっていけないことに気付くんですよね。
迷って悩んでとても苦しむんだけど、
それは成長という名の進歩だったりするんです。

好きだけじゃやっていけないのもホントのことなんですけど、
好きじゃないとやっていけないのもホントのことだと思います。

今、こうして好きなことを続けられていることに感謝♪

絵本ギャラリーin奈良

絵本ギャラリーin奈良フライヤー

森脇です。

奈良新聞社さんが毎年主催されているイベント、
絵本ギャラリーin奈良』。
フライヤーのイラスト&デザインのご依頼をいただきました♪

第10回の今年のイベントテーマは、
絵本のひろばで心の花を咲かせよう」。
表にも裏にも、お花をたくさん咲かせてみました〜。

イラストを含めたイベント告知が、奈良県内で無料配布されている情報誌「ならリビング」等に、今月半ば頃から掲載され始めています。
開催日まで多くの情報誌等に掲載される予定ですので、
奈良にお住まいの方は是非、他府県の方々もチェックしてみてください♪


奈良新聞社ホームページ内でもご覧いただけます。
こちら→http://www.nara-np.co.jp/special/ehon_gallery/

オーダーメイドのエプロン

オーダーメイドのエプロン

平塚です。

エプロンのオーダーをいただきました。

お世話になった方が海外に転勤されるそうで、
日本を離れてもご主人に料理を作ってあげてほしいと、
オリジナルエプロンをプレゼントしたいとのことでした。

コンセプトキーワードは「思いやり」「癒し」「緑色」などいくつか。
デザインの中に名前を取り入れたいというご要望。
渡す相手がどんな人なのか人物像もお聞きしました。

そして、出来上がったエプロンがこれ♪

手描きのハートマークがたくさん。
名前はアルファベットにしてハートの中に入れました。
色はもちろん緑色。
深緑色、黄緑色の2色をランダムにプリントしています。

ご依頼ありがとうございました。
このエプロンで美味しい料理を作って下さってることを、
日本より願っています。

ヒゲクマくんの過去

ヒゲクマくんの過去篇

平塚です。

クチコミが30話を越えました。
個人的な趣味?で始めた5コママンガでしたが、
続けて行く度に愛着がわいてきて僕たちが一番楽しんでします。

とは言っても、多くの方から感想をいただいているのが現状で、
「ヒゲクマくんはこれからどうなるの?」とか、
「クーって本当に可愛いね♪」とか、
「くちぶえプリン美味しそう♪」とか言われると本当に嬉しくなります。
クチコミの感想ぜひぜひお待ちしています!


さてさて、そのクチコミ。
これからヒゲクマくんの過去編に突入します。
お話の舞台も「くちぶえ島」から「みどりの森」へと変わり、
新しいキャラクターも登場します。

くちぶえ島では、毎晩悪夢を見て、誰とも話さず、泣いてばかりですが、
そこには元気でみんなの幸せを願うプラス思考のヒゲクマくんの姿が!
過去に何があったのでしょう?
どうやってくちぶえ島に来たのでしょう?
マルコをつけまわしている理由とはなんでしょう?
どうしていつも泣いてばかりなのでしょう?
過去と現在が入り交じる展開でお話は進みます。
まずは「クローバーのまき」からスタート♪

如何なる展開が待っているのでしょう…?
作っている僕たちの方がドキドキですが、
これからのクチコミをお楽しみにしていただけたらと思います。


クチコミ第32話
ヒゲクマくんの過去・クローバーのまき→こちら
キャラクター紹介→こちら

マトリョーシカTシャツ

マトリョーシカTシャツ

平塚です。

違うフィールドの作家さんとコラボレーションする企画、coco project。
第6弾は、カバン作家のキャロンさんと。

マトリョーシカが好きなキャロンさん。
マトリョーシカのイラストを布にプリントして、
そこからバッグを作ってみようというお話になっていたのですが、
季節がら、そのイラストをTシャツにプリントしてみたところ、
これが何と可愛いんです♪

自分たちだけで着るのはもったいないってことで、
キャロンさんが三条商店街の夜店で販売してみることに…
デザインは3種類。
Tシャツとインクの色の組み合わせも1枚ずつ違うんです。

反応は上々で、既に注文もいただいてたりして♪
嬉しい限りです!

バッグの販売はちょっと先になりそうですが、
Tシャツ販売はすぐに決行になりそうです。
詳細は決まり次第お知らせします♪

キャロンさんのブログでも紹介していただいてます。
こちら→http://blogs.yahoo.co.jp/carronbag/59899284.html

トライアスロンTシャツ

トライアスロンTシャツ

森脇です。

こちら、近畿ブロックトライアスロン協会の方からご依頼いただきましたTシャツです♪

昨日は大会での初お披露目ということで、わくわくしながら会場へ見学に。しかし、あまりに天気が良すぎて少々フラつき気味の私たち…。その一方で、選手の方々はとても爽やかに、一生懸命に、競技を楽しんでおられました。

このTシャツを着ているのはまだ特定のスタッフさんだけなのですが、今大会から近畿各地で行われるトライアスロン大会のベストドレッサー賞を受賞された方々にも、副賞として届けられるそうです。

会場では「このTシャツかわいいね!」という会話も聞こえてきて、評判は上々みたい。背後からその様子をじっと見つめ、とても嬉しい気持ちになりました。

よかったね、私たちの作ったものが人と人を繋いでるんだね。
楽しいものづくりの素晴らしさを改めて実感したkuchibueなのでした♪

イメージの新様態XIX〜延々刻々

イメージの新様態XIX-オモテ

イメージの新様態XIX-ウラ

平塚です。

本日より京都蹴上のギャラリーすずきにて
イメージの新様態XIX」という展覧会が開催されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・展覧会名:イメージの新様態XIX
・タイトル:延々刻々
・作家:松野じゅんこ×松谷博子
・キュレーター:奥田真希
・会期:2009年6月23日(火)---7月5日(日)
 12:00---19:00 (最終日17:00)
・会場:ギャラリーすずき
 605-0046京都府京都市東山区三条通りけあげ(都ホテル前)
 TEL&FAX 075-751-0226 
 http://keage-g-suzuki.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この展覧会のキュレーターさんのご依頼で
DMをkuchibueが担当させていただきました。

お近くにお越しの際は是非足をお運び下さい。

サクラ

サクライラスト

平塚です。

kuchibueを始めるずっと前、
ある方の書籍の表紙を描かせていただいたことがあります。
大学を出たての未熟な僕に機会を下さったことを今でも覚えています。

先日、その方よりお電話をいただきました。
10年ぶりのご依頼でしたが、あまりに衝撃的な内容に驚いてしまいました。

死とは何なのでしょうか。
別れなのでしょうか。
それとも人と人を繋ぐための始まりなのでしょうか。

限られた時間の中で僕たちができることを一生懸命やらせていただくだけでしたが、また貴重な機会を下さったことに感謝しています。

人は人に支えれられて生きてることを忘れてはいけない。
またひとつ大切な経験をさせていただきました。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:430 最後に更新した日:2017/12/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM