そろそろピクニック♪

はんバーガー

 

平塚です。

 

クチブエアトリエのある京都では、

暦の上では秋なのに一向に季節が変わらない…と思っていたら、

数日前から涼しい日が続いています!

 

まだ暑さが残ってるなんて話も耳にしますが、

夏が苦手な僕としてはこのまま秋になってほしいです。

 

気候が良くなると屋外でピクニックなんか良さそう♪

 

遠出しなくても近くの公園なんかで、

芝生の上にレジャーシートを広げて、

心地よい風が吹く秋空の下でお弁当を食べる!

 

なんだかいいイメージ♪

 

目的が歩くことならハイキング!

目的がご飯を食べることならピクニック!

 

これからの季節どちらも魅力的ですが、

僕はピクニック派です(笑)

 


大文字、見えた♪

大文字

 

平塚です。

 

クチブエアトリエのある京都では今日16日は大文字焼きの日。

 

正確には京都五山の送り火といいます。

京都では祇園祭・葵祭・時代祭の三大祭りと合わせて京都四大行事と言われる伝統行事。

 

ニュースでも放送されていましたが、

今年も多くの方がご覧になったのでしょうね。

 

一番有名で象徴となっているの東山如意ケ嶽の大文字、

金閣寺大北山には左大文字、

松ヶ崎西山と東山にはそれぞれ妙と法の文字(松ヶ崎妙法)が、

西賀茂船山には船形(舟形万灯籠)、

嵯峨曼荼羅山には鳥居形(鳥居形松明)が点火され浮かび上がります。

 

以前は5つではなく他も文字が点火されていた時期もあり、

ひらがなの「い」、漢数字の「一」などもあったんだそうです。

京都在住は長いけど見たことありません…

 

5つ共キレイに見えるポイントとなるとかなり限られますが、

1つだけだと見えるポイントは無数にあります。

 

クチブエアトリエからも、ほら♪

遠くに左大文字が見えました!


残暑お見舞い申し上げます♪

残暑

 

平塚です。

 

毎日暑い日が続いてますね。

体調崩しておられませんか?

 

クチブエアトリエのある京都では暑さもさることながら、

湿度が高くて不快指数が上がりっぱなし…

盆地を実感する季節です。

 

8月も半ばに差し掛かりました。

今年の立秋は8月7日。

期間としては7日から22日まで。

 

ご挨拶も「暑中お見舞い申し上げます」から

「残暑お見舞い申し上げます」へと変わりました。

 

初めて秋の気立つがゆへなれば也。

 

暦は秋の気配が立つ日を過ぎたので、

気候もそろそろ秋にむかってほしい今日この頃です。

 


実は朝顔♪

朝顔

 

平塚です。

 

クチブエアトリエのベランダに土が入ったプランターがあったんです。

 

何も植えてないはずなのに、ある日芽が出て、蔓がのび、葉がたくさん!

 

巻いた蔓と葉っぱの形を見ると朝顔に間違いないと思ったのですが、

いつまで経っても花が咲かない…

 

これは朝顔じゃ無いんじゃないかと思い始めた矢先、

 

咲いてました♪

 

キレイな紫色の朝顔。

 

一輪かと思ったら、たくさんの蕾が予備軍のようにスタンバイ!

しばらくはキレイな朝顔が見られそうです♪

 

ちなみに紫の朝顔の花言葉は「冷静」。

落ち着きなさいってことなのかな?(笑)

 


自由研究は昆虫採集♪

虫とり

 

平塚です。

 

小さい頃、夏になるとよく虫とりに出かけました♪

 

アブラゼミやクマゼミ。

カブトムシやクワガタ。

チョウチョ、バッタ、トンボなど。

 

虫あみと虫カゴを持ち、帽子もしっかりかぶって、

炎天下で真っ黒になりながら追いかけていたのを思い出します!

 

僕は虫かごに入れても帰りに逃がして帰る子供だったのですが、

夏休みの自由研究で昆虫採集する同級生も多かったと思います。

 

僕の子供時代は駄菓子屋さんや玩具屋さんで、

昆虫採集セットみたいな簡易キットが売られていたんです。

実際に購入したことは無かったのですが、

液体入りの小瓶、注射器、ルーペなどが入っていて、

子供心に「これはどうやって使うんだろう?」とワクワクしたのを覚えています。

 

時代と共に様々な理由から姿を潜める昆虫採集ですが、

今でも虫とりに出かける子供たちを見かけると懐かしく感じます!

 


トロピカルな気分♪

トロピカルドリンク

 

平塚です。

 

トロピカルドリンクって飲みますか?

 

色鮮やかな飲み物で、

グラスには花や果物が飾られていますよね。

 

雑誌なんかで目にするものの、

なかなか飲む機会はなくて今に至ります。

 

 

トロピカルって「南国」とか「熱帯地方の」という意味もありますが、

実は「織物」を指す言葉なのはご存知でしょうか?

 

滑らかで引き締まった糸である梳毛糸(そもうし)を平織した布のことで、

薄手でサラッとした風合いを持つのが特徴!

夏向きの衣服を作るには最適の織物なんです♪

 

クチブエでも布を扱う仕事が多いので、

トロピカルって興味深い言葉なんです。

 

これから暑くなる夏に向けて涼しく過ごしたい方に

トロピカルがオススメです!

 


梅の雨♪

梅雨

 

平塚です。

 

今年も梅雨の季節です。

梅雨?というぐらいまだ雨が降りませんよね。

今週も晴れが続くそうで、本格的な梅雨はまだ先なのでしょうか。

 

ところで梅雨ってどうして梅の雨と書くのでしょう?

 

梅の花は2月から4月にかけて咲きますよね。

梅の実が5月から7月で、まさに6月の今が最盛期なんだそうです。

梅の実を育てる雨で梅雨ってことなんでしょうか?

 

調べてみると、諸説あるのはもちろんのことですが、

確かに「梅の実が熟す時期の雨」という意味もあるみたい。

 

でも一番有力なのは「カビの生えやすい時期の雨」というのが語源という説。

黴(かび)、つまり黴雨(ばいう)と呼んでいたらしく、

黴の雨ではイメージが悪いため、同じ読み方で季節にあった梅が採用されたんだそう。

う〜ん、何だか微妙な気持ちになります…

 

他にも、

毎日雨が降ることから「毎雨(まいう)」が転じた説。

この時期だけ倍の雨が降ることから「倍雨(ばいう)」が転じた説。

などなど、様々な説がありました。

 

 

雨が降ってくれないと困るのですが、

クチブエアトリエのある京都では、

この時期になると湿度が高く不快指数がぐっと上がるのです。

今年はまだ気持ちのいい初夏のような気候!

しばらくこのまま続いてくれないかと思ってしまいます。

 


屋根より高い鯉のぼり♪

子供の日

 

平塚です。

 

今日は5月5日。

端午の節句、つまり子供の日です。

 

子供の日といえば鯉のぼり。

僕の子供の頃には空を泳ぐ姿を見かけたものです。

 

鯉のぼりは江戸時代に子供が産まれるとのぼりをあげるという風習から派生したものだそうで、

鯉の滝登りというように出世の象徴でとても縁起がいいんですって♪

 

ところで疑問に思ったことありませんか?

 

鯉のぼりの一番上についている色付きの帯。

「吹流し」という名称はご存知だと思いますが、

これってなんなのでしょう?

 

調べてみると、

諸説あるみたいですが「魔除け」というのが有力みたい。

 

青、赤、黄、白、黒の5つの色は五行説からきているそうで、

木、火、土、金、水の万物を成す5種類の元素が守ってくれるんだそうです。

 

最近は見かけることが少なくなって残念ですが、

大空を泳ぐ鯉のぼりを見るととても爽快ですよね♪

 


三色の花見団子♪

三色団子

 

平塚です。

 

桜満開ですね♪

 

クチブエアトリエの前の公園にも桜の木があり、

日常的にお花見を楽しむ事ができます。

 

この時期よく見かける和菓子といえば花見団子。

桃、白、緑の串団子です!

 

このお団子の三色の理由って知ってますか?

諸説あって面白いので、ちょっとご紹介。

 

桜を表している説。

桜の蕾は桃色で、白い花が咲き、散ると緑の葉が茂る順序を表しているのだそう。

 

春を表している説。

桃色は桜や日の光を、白はまだ残る雪を、そして緑は今から芽吹く新芽を表しているのだそう。

 

四季を表している説。

桃色は春、白は冬、緑色は夏。

秋がないことで「飽きない」というオチがついているのだそう。

 

最後に、お仕事柄ちょっと専門的に見るなら、

桃色と緑色、つまり赤と緑は補色関係にある配色。

つまりお互いを引き立てあう色なんですよね。

視覚的な配色計画がなされているというのも魅力なのかもしれません。

 

どれが正しい!なんていわずに美味しくいただくのが一番ですよね♪

 


待てば海路の日和あり♪

待てば海路の日和あり

 

平塚です。

 

待てば海路の日和あり」ということわざがあります。

 

天候が悪く船が出せなくても、待っていれば天候が良くなる。

今は状況が悪くとも、あせらずに待っていれば幸運がやってくるということのたとえです。

 

「止まない雨はない」「明けない夜はない」も同様の言葉で、

ドラマや映画を観ていると、待つことが解決に導いてくれるという例えとして出てきたりしますよね。

 

でも現代では待つことが少なくなっているらしいのです。

 

考えてみると、

買い物もネット注文すれば即日に届けてくれるサービスも増えていますし、

連絡を待つ、待ち合わせをして待つのはケータイやスマホの普及で少なくなってますよね。

 

僕の時代ですと、

台風で休校なることを連絡網で回してる間に

時間内に最後まで回らず登校してしまったり、

友人との待ち合わせに遅れると連絡の手段がないので、

ただただ相手を待たせることになってしまったりして…

 

待つことが不安に繋がる場合は解消されていくべきなのかもしれません。

 

 

ただじっくり待つのもいいものです♪

待つからこそ見えてくるものもあるんじゃないかと思うからです。

江戸時代には「待つもまた楽し」という言葉があり、その余裕を楽しんだとあります。

 

あせらず待っていても結局幸運がこない場合もあるのですが、

それはそれでよしとして(笑)

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:507 最後に更新した日:2020/02/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM