横長バッグが完成!! (絣.ver)

横長バッグ絣6

平塚です。

次回に引き続いて、クチブエの森脇さんが縫製したお仕事の紹介を!

前回紹介しました横長バッグのもうひとつのバージョン。
絣(かすり)の裂織布をバッグに仕立てました。
横長バッグ絣1
オモテはこんな感じ!
指し色の赤いボタンがアクセントです!

横長バッグ絣2
絣の裂織布と柿渋染と鉄媒染した布の切り返しのデザイン。
藍色と濃茶色ってあいますね♪

横長バッグ絣3
中は更紗模様が描かれた内布を使用しているのは、柿渋verと同じ。
ポケットも付いていて使いやすさも充実。

横長バッグ絣5 横長バッグ絣4
こちらも前回紹介しました柿渋verと同様に、
持ち手部分も少し大きめに作ってあるので、持ち方もいろいろ。

もうひとつの横長バッグ(柿渋ver)のブログは → こちら

11月末開催の山本さんの展覧会で販売されました。
誰のもとに嫁いだのかな…?
 

横長バッグが完成!! (柿渋.ver)


平塚です。

また縫製のお仕事をご紹介したいと思います。

染色作家の山本さんが染めた布。
そして染織作家の小浦方さんが織った布。
おふたりの手仕事でできた裂織(さきおり)布。
この段階でも凄く手間ひまかかっています!
それをさらに仕立ててグッズにするのがクチブエのお仕事です。

前回はその裂織布を縫製したちょっと大きめのガマグチを紹介しました→こちら

今回はバッグです!
素敵な横長のバッグが2つ仕上がりました。
まずは柿渋のバッグから。

前はこんな感じ!
柿渋染の布と裂織布とを合わせたデザインです。


後ろはこんな感じ!
持ち手も木工作家さんの作品なんです。


中は更紗模様が描かれた内布を使用。
この絵も染色作家の山本さんの手描き。もちろん柿渋で染められています。
ポケットも付いていて荷物をまとめやすくなっています。

 
持ち手部分も少し大きめに作ってあるので、持ち方もいろいろ。

木製の持ち手とボタンがアクセントになっている裂織の横長バッグ(柿渋ver)。
クチブエの森脇さんが縫製を担当しました。
使いやすさにも重点をおいて制作したのでオススメです。

次回はもうひとつの横長バッグ(絣.ver)をご紹介します!
 

柿渋染の裂き織りバッグ♪

裂き織りバッグ1
 
森脇です。
 
ゴールデンウィークですね。
皆様いかがお過ごしですか?
 
京都を散策しようかなっと計画中の方もたくさんおられるのでは?
ここでちょっとオススメ情報♪
明日から染色作家の山本田鶴子さんの個展が開催されます。
場所は京都、鍵善良房ギャラリー「空・鍵屋」。
かぎぜんって…と思われたそこのあなた!
そう!
美味しいくずきりで有名なあの鍵善です♪
その四条本店から徒歩数分の所にギャラリーはあります。
 
前回のブログ「山本田鶴子展〜空・鍵屋」では、クチブエが担当しました案内状についてご紹介させていただきました。→コチラ
 
今回は、展示作品の一つ、裂き織りのバッグについてご紹介♪  
縫製はクチブエ森脇が担当いたしました。
 
裂き織りバッグ2

画像がそのバッグです。
一番上にある画像とこの画像のバッグはデザインが違います!
裏地布の絵柄やボタンの素材もそれぞれ。
縫った本人が言うのもなんですが、素敵なバッグでしょう♪
 
それもそのはず、使っている素材がすごいんです。
表地は柿渋染めの裂き織りに鉄媒染の帆布を合わせて。
裏地は柿渋染めの古布。
ボタンなど細部にも山本さんのこだわりが詰まっています!
 
ところで裂き織りってあまり聞き慣れない方もおられるのでは。
このバッグで言うと、細かな縞模様の部分が裂き織り布です。
柿渋染めした布をわざわざ細く裂いて、それを織って再び布にするという…
気の遠くなるくらい手の込んだものなのです。
 
これだけの布にハサミを入れる時の緊張感ったら〜そりゃもう(汗)
その緊張が良い方向に働いたのかな?
ご注文いただいた2つとも、失敗することなく無事に完成!
正直ほっとしています。
ちなみに…すでに一つ売約済みなんだとかいう噂も。
 
この裂き織りバッグたち。
たくさんの素敵な作品とともにどんな風に展示されるのでしょう。
明日からの3日間が楽しみです♪
興味のある方はぜひお越しください♪

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:山本田鶴子展〜染めと手描きを楽しむ
・会期:2013年5月3日(金)・4日(土)・5日(日)
    3日 12:00---18:00
    4・5日 9:00---18:00
・会場:鍵善良房ギャラリー『空・鍵屋』
    京都市東山区祇園町南側花町570-107
・アクセス:京阪電車祇園四条駅より徒歩5分程度
・URL:http://www.kagizen.co.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


がまぐちバッグ

 がまぐちバッグ

平塚です。

がまぐちバッグを作りました。

と、言ってもクチブエオリジナルではなく、
染色家の山本さんとのコラボレーションなんです。

山本さんのブログ → 「染鶴工房ブログ

以前に大きな口金でバッグを作ってもらえないかとご注文をいただきました。
山本さんが染めた柿渋の布を使い、クチブエがプリントと縫製を担当。
口金は幅340mmもあるのでかなり大きめのバッグが仕上がりました。

上記画像はそのバッグをご覧になった山本さんのお客様からのご注文!
最初のがまぐちバッグには持ち手は付いてなかったのですが、
今回は肩からかけたいとクサリ付きをご注文。
プリントしたイラストも気に入っていただき僕たちも嬉しく感じました。

それにしても山本さんが染める柿渋染めは魅力的です。
規則性の無い風合いのある斑。
一枚一枚、染められた手仕事が伝わってきます。

こういうお仕事をすると自分のスタンスを再確認します♪


陶々喜、始まりました!

陶々喜

平塚です。

榎本哲也さんの展覧会「陶々喜」が始まりました。
京都の建仁寺内にある禅居庵にて。
ご本人曰く、炎が作り出した偶然をカタチにしたという作品が並びます。

この展覧会の企画、展示からDMやキャプションに至るまで、
デレクションをクチブエが担当しました。
榎本さんの作品と庭の見える畳敷きの広い空間を、
ひとつの作品としてご覧いただければと思います。

60畳の空間をあえてパテーション等で仕切りをせず、
入ってすぐ庭まで全てを見渡せるように。
動線は歩きやすく、座りやすく、そして見やすく。
「堅苦しくない気軽に見ていただける展覧会にしたい」
とおっしゃるご要望にも添う展示を心がけました。

29日の月曜日、16時までです。
ぜひご高覧いただけますと幸いです。

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:陶々喜〜榎本哲也の焼きものがたり
・会期:2011年8月26日(金)---29日(月)の4日間
    10:30---18:00  (最終日16:00)
・会場:禅居庵
    605-0811 / 075-561-5556
    京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町146
    http://www.zenkyoan.jp/
・最寄駅:京阪電車 祇園四条駅または清水五条駅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

陶々喜〜榎本哲也の焼きものがたり

陶々喜

平塚です。

今月末に開催される展覧会。

陶々喜〜榎本哲也の焼きものがたり

会場は京都の建仁寺内にある禅居庵。
わびさびの中に現代を感じるモダンな空間です。

榎本さんの喜寿を記念した展覧会で、
今まで制作してこられた作品が並びます。

榎本さんの作品は、自然が持つ風合いが表現されています。
窯中で釉薬と火がつくる計り知れない偶然性が魅力だと語ってくださいました。
信楽焼ならではの深みのあるオレンジ色が、その想いをカタチにしています。

この展覧会に企画から関わり、榎本さんとディスカッションをくり返し、
制作にかける様々な想いを取り入れながら、
展示構成や案内状などをトータルで担当させていただきました。
作品はもちろんですが、
空間をひとつの作品としてご覧いただきたいと思っています。

京都までお越しの際はぜひお立ち寄りいただければ嬉しいです。


催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:陶々喜〜榎本哲也の焼きものがたり
・会期:2011年8月26日(金)---29日(月)の4日間
    10:30---18:00  (最終日16:00)
・会場:禅居庵
    605-0811 / 075-561-5556
    京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町146
    http://www.zenkyoan.jp/
・最寄駅:京阪電車 祇園四条駅または清水五条駅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:507 最後に更新した日:2020/02/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM