和製英語はイメージから?

和製英語

 

平塚です。

 

最近、和製英語が改善されているのが気になりませんか?

 

2020年に開催される東京オリンピックの影響もあると思うのですが、

看板や標識をはじめ、テレビでの言い回しや印刷物の表記も変わりつつあります。

 

「その言葉は海外では通じないよ!」と言われて気にはするものの、

気がつけばまた使ってたりしませんか?

 

カタカナ表記だから全て英語!

とまでは思わなくても勘違いしてる和製英語はかなりあるはず。

 

と思い、調べてみると、

例をあげればキリがないくらい本当にたくさんありました!

これを改善するとなるとなかなか厄介なのでは?と思ったり。

 

中でも驚いたのは「タオルケット」。

ずっと英語だと思っていましたが…こちらも和製英語。

タオルとブランケットを合わせた造語で、

英語では「バスシーツ」「タオルシーツ」というのが正しいんだそうです。

 

タオルケットひとつを取り上げてみても、

和製英語って日本人ならではのイメージが作り出したものなのかもって思いませんか?

 

ボールをキャッチするから「キャッチボール

サラリー(給料)をもらう人だから「サラリーマン

袖が無い服だから「ノースリーブ

ムード(雰囲気)を盛り上げてくれる人だから「ムードメーカー

2人で対の服装だから「ペアルック」などなど。

 

もちろん全て和製英語です。

 

日本でしか通じないのなら、

和製英語は日本語なのかもしれませんよね。

でもどこからどこまでがそうなのか…

日本人にはわかりやすくて馴染んでいるだけに改善は難しいのかも。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:500 最後に更新した日:2019/10/28

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM