説明は何語で?

とうあんパンフ中国語1

 

平塚です。

 

以前のブログで京焼窯元とうあんさんのリニューアルしたパンフレットを紹介しました。

 

 * Reパンフレット〜日本語版 → こちら

 * Reパンフレット〜英語版 →  こちら

 

 

とうあんパンフ中国語4

以前に日本語と英語を作成したのですが、今回あらたに中国語を追加。

2ヶ国語同様、クチブエが担当させていただきました。

 

パンフレットと言っても、

商品を購入した際に包装箱や袋の中に入れるためのものなのでコンパクトなサイズ♪

デザインを統一しているので右側の帯の色で言語を判断する仕組み。

赤は日本語、紫は英語、そして今回の黄色が中国語です。

 

とうあんパンフ中国語2

パンフレットには商品の取扱説明の用紙もはさまれています。

もちろん内容は中国語。

こちらの印刷物もクチブエの担当です♪

 

とうあんパンフ中国語3

英語と同じ加工の巻三つ折りを採用しています。

 

 

最近、多くの外国人観光客の方々が日本にお越しですよね。

来年オリンピックもあるので尚更かもしれませんが、

街中や駅構内、公共施設なんかの表示でも数カ国語で表記されているのを目にします。

 

翻訳ツールが万能になってきている現代ですが、

印刷物の説明は何カ国語まで必要なんでしょうか。

なかなか難しい問題なのかもしれません。

 

でもこれから説明することは、

今まで以上に大切になるんじゃないかと思います。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:500 最後に更新した日:2019/10/28

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM