ピエロの涙♪

ピエロ

 

平塚です。

 

このブログで僕が気になってることをいくつか紹介してきました。

今までの記事を抜粋するとこんな感じ。

 

 *右?それとも左? → こちら

 *どちらが暑い? → こちら

 *タマゴの大きさ → こちら

 *その記号なんて読むの? → こちら

 *お金の価値って? → こちら

 *ネズミとチーズ? → こちら

 

他にも気になることがたくさんあります♪

 

今回気になってるのはピエロ

日本では道化師って言いますよね。

 

道化(どうけ)という言葉を調べてみると、

「わざとおかしな言動・行為をすることによって周囲の人々を楽しませるものの事」とあります。

サーカスや大道芸なんかで目にしますよね。

 

何が気になるのかというと、

ピエロ、クラウン、ジョーカー、フールなど、

呼び名がいろいろあるということ。

 

調べてみると、

クラウンと呼ぶのが正しいみたいです。

ピエロというのはクラウンの中のひとつの種類なんですって。

 

もともとクラウンは場繋ぎの役目をしていた人のことで、

芸もあり、話術もあり、役者的な要素もありと多才であることが条件。

サーカスでおどけ役をしていた役者さんがクラウンと名乗ったことが始まりとされているんだそうです。

 

クラウンはおどけ役ですが、さらに笑われる芸風だとピエロになるんだそうです。

笑われながら観客を楽しませているがそこには悲しみを持つという意味。

だからピエロにはメイクで涙マークを描くんですって!

なるほど!

そこで見分けるんですね!

 

他にもヨーロッパで宮廷王族を楽しませる仕事はジェスターと呼ばれ、

宮廷王族をモチーフに絵札を制作したトランプにも採用されジョーカーと呼ばれたそうです。

そういえばジョーカーの衣装って高貴な襞襟(ひだえり)が!

 

呼び名が違うのは役割や派生した場所が違うからだったんですね♪

 

もちろん諸説あるのでしょうが、

さらに興味深かったのは、戦争や紛争などの仲介役、行政と国民の間でオンブズマン的な役割も担っていたこと。

人と人を繋ぐ役割もクラウンの仕事だったんですね!

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

kuchibue ウェブサイト

profilephoto

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:519 最後に更新した日:2020/06/28

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM