梅の雨♪

梅雨

 

平塚です。

 

今年も梅雨の季節です。

梅雨?というぐらいまだ雨が降りませんよね。

今週も晴れが続くそうで、本格的な梅雨はまだ先なのでしょうか。

 

ところで梅雨ってどうして梅の雨と書くのでしょう?

 

梅の花は2月から4月にかけて咲きますよね。

梅の実が5月から7月で、まさに6月の今が最盛期なんだそうです。

梅の実を育てる雨で梅雨ってことなんでしょうか?

 

調べてみると、諸説あるのはもちろんのことですが、

確かに「梅の実が熟す時期の雨」という意味もあるみたい。

 

でも一番有力なのは「カビの生えやすい時期の雨」というのが語源という説。

黴(かび)、つまり黴雨(ばいう)と呼んでいたらしく、

黴の雨ではイメージが悪いため、同じ読み方で季節にあった梅が採用されたんだそう。

う〜ん、何だか微妙な気持ちになります…

 

他にも、

毎日雨が降ることから「毎雨(まいう)」が転じた説。

この時期だけ倍の雨が降ることから「倍雨(ばいう)」が転じた説。

などなど、様々な説がありました。

 

 

雨が降ってくれないと困るのですが、

クチブエアトリエのある京都では、

この時期になると湿度が高く不快指数がぐっと上がるのです。

今年はまだ気持ちのいい初夏のような気候!

しばらくこのまま続いてくれないかと思ってしまいます。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:422 最後に更新した日:2017/10/17

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM