右?それとも左?

京雛

平塚です。

今日は3月3日、桃の節句。
雛祭りですね!

雛人形を飾っておられるご家庭も多いのではないでしょうか。

男兄弟の我が家では目にする機会も少なく、
雛人形をはじめ雛祭りに関することはあまり詳しくありませんでした。

そこで疑問に思ってた事を調べてみる事に!

雛人形といえばこれ!
関東雛と京雛があって内裏雛の位置が左右逆というのは有名なお話ですよね。

ですが、内裏雛のみの新王飾りや三段飾りの場合は良いのですが、
七段飾りになると、疑問がわきませんか?

お内裏様の位置が逆になるなら、右大臣と左大臣の位置は?
左近の桜、右近の橘の位置も逆になる?ということです。


今の時代画像検索もできるので調べてみると…結果はそれぞれ。
大きく分けると下記の3つに分類されるのかな?と感じました。

 1:内裏雛の位置が変わったのだから、大臣や花の位置もそれぞれ逆。
 2:向かって右側が上手(かみて)とされるので大臣や花の位置はそのまま。
 3:内裏雛の左右が変わっても個々の目線から見下ろす左右は変わらないので大臣や花の位置はそのまま。


もちろんそれぞれ理由はあるのでしょうが、
平安時代以前からある行事、変化することもまた文化なのかもしれませんね。
なんだか歴史を感じました♪

上巳(じょうし、じょうみ)の節句と呼ばれていた桃の節句ですが、健康と厄除を願ったものだそうです。3月といえど、まだまだ寒い日が続きますがご自愛くださいね♪
 

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:510 最後に更新した日:2020/03/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM