キョウトプチアレコレ♪〜2:八坂神社の狛犬

八坂神社の狛犬

 

平塚です。

 

京都という土地柄、仕事でもプライベートでも観光地を通ることが多いんです。

でも立ち寄らずにスルー!これって京都あるあるなんです。

 

そんな京都をちょっぴりご紹介するカテゴリーが

キョウトプチアレコレ♪

 

前回は『東福寺の橋』をご紹介しました。

 

 *キョウトプチアレコレ♪〜1:東福寺の橋 → こちら

 

今回は八坂神社の狛犬

 

四条通を東に突き当たると八坂神社があります。

 

象徴的なのは重要文化財でもある西楼門ではないでしょうか。

あざやかな朱色の門前の階段では多くの観光客の皆さんが記念撮影をされると思います。

 

その左右に狛犬がいるのはご存知でしょうか?

 

上の画像がその狛犬です。

大正時代のもので青銅製。

四条通を見下ろしてる風格のある姿ですね!

 

「見たことあります!」という方のために、

青銅製の狛犬のすぐ奥にまた狛犬が鎮座しているのはご存知でしょうか?

 

階段を上がり西楼門をくぐると、

ほぼ同じ位置に狛犬がいるんです!

今度は石像で明治時代のもの。

 

最後にもうひとつ。

木彫の狛犬をご存知でしょうか?

源頼朝が八坂神社に奉納したとされています。

木彫の狛犬はとても珍しく重要文化財に指定されています。

 

実は八坂神社には他にも狛犬がいるんですよ!

今度、京都にお越しの際は是非八坂神社の狛犬を探してみてはいかがでしょう♪

 


キョウトプチアレコレ♪〜1:東福寺の橋

京都観光|東福寺1

 

平塚です。

 

お仕事で外出すると京都という土地柄、観光地の傍を通ることが多いんです。

 

だからといって寄って京都観光とはいかず、

「いつでも来れるから」という感じでスルー。

長年住んでいるせいで日常風景のように感じてしまっているんでしょうか。

こういう京都人多いと思います。

 

でも京都って本当に面白い場所だと思うんです。

こだわりというか、思い入れというか、

あえて言わないけどこんなに詰まってますよ!というスタンスが。

 

知るとちょっとだけ嬉しくなる♪人に話したくなる♪行って確かめたくなる♪

そんな京都の小さなウンチク!それがキョウトプチアレコレ♪

「それ知ってる!」という内容になっちゃうかもしれませんが、

これから少しずつご紹介できたらと思っています。

 

 

今回ご紹介するのは東福寺の橋

こちらもお仕事でよく傍を通るお寺のひとつです。

 

上記の画像は東福寺の定番風景ですよね。

今は3月で時期じゃないのが残念ですが、

秋になれば手前の木々がキレイに紅葉します!

 

京都観光|東福寺2

上記の定番風景はこの橋の上から撮影したもので、ご存知の方も多いはず!

 

でもこの橋の名前ってご存知ですか?

 

通天橋(つうてんきょう)と思っている方も多いのでは?

通天橋はさっきの画像の橋のことで、

実はこの橋は臥雲橋(がうんきょう)と言うんです。

見落としてしまいそうですが、橋の上をよく見ると書いてあるんですよね!

 

東福寺の境内には3つの橋があるんです。

通天橋(つうてんきょう)、偃月橋(えんげつきょう)、臥雲橋(がうんきょう)の3つ。

もちろん他の2つの橋にもちゃんと名称が書かれているんですよ。

 

この3つの橋は東福寺三名橋と呼ばれ、

洗玉澗の美しい紅葉を見るために架けられた橋廊なんです。

 

紅葉の名所にも数えられる東福寺。

秋はまだ少し先ですが、橋の名前と共に是非ともお楽しみに♪

 


1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:499 最後に更新した日:2019/09/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM