スイカノタネ♪

西瓜

 

平塚です。

 

8月も半ばを過ぎ暑さが少し弱まった気がしませんか?

 

秋の気配というには早すぎる気がしますが、

真夏はもう終わりなのかな?と感じさせる気候になったように思います。

 

スイカをいただきました♪

 

そういえば今年初めてのスイカです!

 

栄養価が高いことから熱中症対策にも注目されているのはご存知でしょうか。

 

スイカの90%は水分。

それに糖分、カリウム、マグネシウム、ミネラルなども含まれているため、

ある意味スポーツドリンクのような効果が期待できるそうです!

 

今年こそスイカを食べるべき夏だったのかもしれません♪

 

余談ですが、

幼少の頃「スイカの種を食べてしまうと身体から芽が出る!」という都市伝説があったのですが…

飲み込まないための戒めだったんでしょうか?

今でも少し気になります(笑)

 


垂れ籠める雲

垂れ籠める雲

 

平塚です。

 

異常だと言われる今夏の暑さ。

 

クチブエアトリエのある京都でも40度に迫る日々が続いていましたが、

ここ数日、風もあり、太陽が照る時間が少し減ったように感じます。

 

でも35度を下回ると聞くと涼しく感じるというのは、

やっぱりちょっとおかしいのかもしれません。

 

空を見ると垂れ込めた雲の層。

 

かなり低い位置にあるので、層積雲?積雲?それとも層雲?

雲に詳しい方おられたら是非教えてほしいです。

 

翳りのある淡い水色の空にコントラストのある紫とピンクの雲。

キレイだと思う反面、何か起こりそうな不安を感じてしまう配色です。

 

夏の空と雲は魅力的だと思うのですが、

やっぱり暑過ぎるのは困りものですよね…。

 


こんなに暑かった?

空と雲

 

平塚です。

 

暑いですね。

日々酷暑のニュースを目にします…

熱中症も今夏は生死に関わる事態になっていますよね。

 

気象庁から今月13日に「西日本と東日本における7月下旬にかけて続く高温について」という発表がされました。

 

その内容は驚くもので、

北海道を除く全国が高温になるというもの。

 

 

子供の頃ってこんなに暑かったっけ…?

ふと考えてしまいます。

 

空を見上げると毎年見る青い空に白い雲。

でも今年の日差しは暑い上に重く感じませんか?

ジリジリと焼かれながらギュッと上から押さえつけられてるみたい…

 

皆様、外出の際は日陰を歩くように心がけて、

喉が乾く前に水分補給を忘れずに!


梅?それとも栗?

傘とのんちゃん

 

平塚です。

 

梅雨入りとなり湿度の高い時期がやってきましたね。

今年はどう乗り切るのかちょっと不安…。

 

昨年もこの時期に梅雨をテーマにブログを書きました。

 

 *梅の雨♪→ こちら

 

今年は「ついり」について。

「ついり」は「つゆいり」が転じたものとあります。

 

漢字だと墜栗花と書いて「ついり」と読むんだそうです。

由来は梅雨は栗の花が墜ちる時期だからなんだそうですが、

梅なのに栗?なんだかややこしいですよね。

 

面白いのは、これ!

パソコンかスマホなどで「ついり」と平仮名入力して変換キーを押すと「梅雨入り」「入梅」と変換されるんです!

「ついり」の漢字表記が「墜栗花」ならそう変換されるのが普通なのでは?と思いません?

 

でも意味はわかりますよね。

栗の花が墜ちる時期と梅の実がなる時期が重なっていることから、2つの呼び名があるというのは。

 

日本では季節や気候を表す言葉がたくさんあります。

それだけ人々が寄り添って生きてきたってことなんでしょうか。

少し不思議ですが趣のある興味深いことですよね!

 


ブラックライトの未来は?

ブラックライト

 

平塚です。

 

ブラックライトってご存知でしょうか?

 

見た目は黒い電灯なのですが、

点灯すると紫外線を放射する電灯のこと。

 

日常で使うことは少ないと思いますが、

専門的なモノヅクリをするクチブエにとっては欠かせないもののひとつなんです。

 

取り替える為に発注をかけると、

なんと生産しているメーカーが徐々に減っているという事実が発覚…

廃番にはならないとは思うのですがこれは一大事かも。

 

回りを見るともう電灯ではなくLEDが多く、

街灯や信号、踏切のランプも徐々に変わって行ってるんですよね。

 

新しく変わっていくこと全てが悪いとは思わないですし、

今までのデメリットをメリットに変えて行く為に次の展開があったり、

選択肢を増やす意味もあったりするわけですから。

 

 

でも少し気になるのは全てが新しくなってもいいの?ってこと。

伝統工芸職人の友人が呟いた「ここがお店をたたんだら僕の仕事も無くなるかも」という言葉。

なんだか少し複雑な気持ちになりました…

 

現在は日々新しい技術が開発され更新されることが普通になっていますよね。

十年一昔なんて言葉がありますが、今は一年でも一昔…

変化するスピードはこれからも加速していくんでしょうか。

 


日本ならではの習慣♪

バレンタイン

 

平塚です。

 

2月14日はバレンタインデーでしたね。

 

実は好きな人にチョコレートを贈るというのは

日本型バレンタインデーというらしく、

世界規模でみると珍しい習慣なんだそうです。

 

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を作ったきっかけは、

某お菓子メーカーや百貨店が広告に「バレンタインにチョコレートを贈りましょう」という

キャッチコピーを掲載したからという説が有力みたいです。

 

恋愛のイメージは甘いチョコレートがピッタリだったんでしょうか?

 

3月14日にはホワイトデーというものもありますよね。

バレンタインデーから派生した習慣で、

チョコレートに対してマシュマロやクッキーをお返しする、そんなイメージでしょうか。

 

でも派生した習慣はこれだけではなく、

4月14日はオレンジデーといってオレンジを贈り合い愛情を確認する日なんだそうです。

さらに同日はブラックデーとも言われるらしく、

チョコレートもマシュマロももらえなかった人はブラックコーヒーを飲む日なんだそうです。

 

そしてさらに、

バレンタインデーから88日後の5月13日はメイストームデーと呼ばれ、

別れ話を切り出すのに最適な日なんだそう…

 

浸透してないようにも思いますが、

派生した習慣もここまでくるとなんだか微妙…

言葉が出ませんよね…

 


着る、更に着る

大雪

 

平塚です。

 

今年は記録的な寒さですね。

大雪のニュースも毎日報道されていて極寒を実感します。

 

2月は旧暦で如月(きさらぎ)と言いますよね。

 

語源は諸説あるのですが、

今年の冬にはこちらの説がピッタリです!

 

あまりに寒い月だったことから着物をたくさん着るということで「着更着(きさらぎ)」。

 

着込まないとダメなくらいの寒さ!

まさに着更着ですよね。

 

2月4日が立春でしたが、春の気配はもう少し先のようです。

 


冱てる朝

冱てる朝2

 

平塚です。

 

極寒ですね。

ニュースでも今年一番の冷え込みと言ってましたが本当に寒い朝でした。

 

今朝ベランダに出ると置いてあったバケツに氷が!

バケツには植物にお水をあげる用にジョウロがさしてあったのですが、

なんとそのジョウロごと凍ってしまい…

 

冱てる朝1

なんと!こんな状態でした!

 

透明な氷は不純物が少ないと言いますが、

透き通ったキレイな透明の氷♪

 

思わずカメラを構えて撮影!

寒いのも忘れてちょっとテンションがあがってしまいました♪

 


2018年もクチブエらしく♪

2018年賀状

 

平塚です。

 

明けましておめでとうございます。

 

2017年は例年より増して早く過ぎた一年のように思いました。

2018年も変わらずクチブエらしく過ごせたらと思っています。

 

今年もよろしくお願いいたします。


雪ぐ♪

木と雪

 

平塚です。

 

寒い日々が続いていますね。

雪が舞う日もちらほら。

昨年のこの時期ってこんなに寒かったでしたっけ?

 

雪といえば、

僕たちが関わっているデザインでもよく登場するモチーフです。

江戸時代に流行した雪華文様はとても有名ですよね。

六角形の雪の結晶を花に見立てたデザインは着物や陶器に用いられました。

 

他にも、

六角形の結晶の形から六花(ろっか)と呼ばれたり、

天上界に咲く花のようだということから天花・天華(てんか)、

晴天に風に舞う雪は風花(かざはな)と呼ばれたりします。

なんだか神秘的な形容をされていますよね。

 

でも雪は災害になる自然現象でもあります。

白魔(はくま)と言われ大雪を悪魔に見立てる言葉も存在します。

 

またクチブエアトリエのある京都では雪ぐという言葉を耳にします。

「すすぐ」と読み、祓い清めるという意味。

雪の持つ白をいう固有色が清潔感や信頼感を与え神聖なイメージがあるからかもしれません。

 

雪をデザインに取り入れたり、

様々な形容をし日常化するのは共存し身近にあるからでしょうか。

自然の力は大きいと感じます♪

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:464 最後に更新した日:2018/09/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM