冬の催しで京焼を♪

2016年冬の催し1

 

平塚です。

 

気がつけば、もう12月!

このフレーズも毎年言ってる気がしますが、

本当に一年が過ぎるのが早いです。

 

この時期になるとご依頼いただくのが、

京焼の窯元である陶葊(とうあん)様からの冬の催しの印刷物です。

 

2016年冬の催し2

こちらが今回の冬の催しのパンフレットです。

椿の絵付けが映える抹茶茶碗が表紙と裏表紙に跨ったデザインに。

印刷には上品な光沢がある用紙を選んでいます!

 

2016年冬の催し3

観音折り加工を施してあるので、

まず開くと案内状としての情報をご覧いただけます♪

 

2016年冬の催し4

さらに開くとメイン商品がラインナップ!

今回のオススメ商品は鳥獣戯画が絵付けされた染付の器と、

果物が絵付けされた高台の付いたサラダボールです。

こちらの商品は会場に行けないお客様のためにFAXでもご購入できるようになっています。

 

京都を代表する伝統工芸のひとつである京焼。

美しい色鮮やかな絵付けをお楽しみいただけると思います。

催しだからこそ購入できる商品もございますので、

是非冬の京都にお越しの際はお立ち寄りください♪

 

===============================

京焼窯元陶葊・平成28年冬の催し
会期:2016年12月15日(木)〜18日(日)
会場:錦小路店 → 地図

サイト:http://www.touan.co.jp/

===============================

 


箸袋、販売してます♪

箸袋1c

 

平塚です。

 

クチブエの和のグッズ♪

くちぶえ和手としてCreema(クリーマ)というネットハンドメイドマーケットで展示販売しています。

 

定番の小物も制作していますが、

最初は販売目的ではなく日常で使っているものを商品化することが多く、

少し特殊であっても僕たちに関わりのあるものを選んで制作しています。

 

展示販売している商品は今までにもこのブログでいくつかご紹介しました。

 

 *古袱紗を販売中♪ → こちら

 *和のブックカバーはいかが? → こちら

 *袱紗ばさみできました♪ → こちら

 *和のガマグチ、いろいろ♪ → こちら

 

新作ができましたのでご紹介♪

箸袋です!

箸袋1c

まず箸袋にお箸を入れるとこんな感じ♪

 

箸袋1c

お箸を入れたら口部分を折り曲げ、

笹爪(笹止め)のついたヒモをクルクルと巻いて留めます。

 

箸袋1a

この状態で鞄なんかに入れて持ち歩いていただけるスマートな形に♪

 

この箸袋の外布には鮮やかな朱色をメインとした暖色系の着物地を使っています。

菊が幾重にも重なっているデザインが素敵!

 

他にも様々な生地で制作しています!

くちぶえ和手の商品は一点ものですのでお気に入りを見つけていただければ嬉しく思います。

 

自分のお気に入りのお箸を持ち歩く「マイ箸」。

お気に入りの箸袋に入れるのもいいのではないでしょうか?

 

=========================================
くちぶえ和手(くちぶえにこで)
ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス「クリーマ」

■ショップページ
https://www.creema.jp/c/kuchibue2code/item/onsale

■プロフィールページ

https://www.creema.jp/c/kuchibue2code

=========================================


今が使い時?

新しいお皿

 

平塚です。

 

普段、日常で使っている食器ってどうしてますか?

 

定期的に変える派?

それとも使い続ける派?

 

僕は割れたり欠けたりしない限り、

取り立てて新しくしたりしないのですが、

一般的にはどうなんでしょうね。

 

先日実家に帰った時に母がプチ大掃除をしていたときのこと。

お歳暮やお中元、お祝いなんかでいただいた食器がたくさん出てきました。

 

有名な焼き物で5点揃いの湯呑と茶托、

スープやカレー用の深さのある丸皿、

小鉢と大鉢のセットなどなど。

 

「思い切って使ってみない?」

と話がまとまり、いざ食器棚へ!

 

すると、

今まで使っていたものよりしっくり手に馴染んだり、

絵柄や色合いが変わったせいか気分まで変わったりと、

何だかいいことばかり♪

 

だからといって、

今まで使っていたものを一斉処分!なんてことはできない貧乏性だったりするのですが(笑)

 

食器を新しくするタイミングって本当に難しいですよね。

使う時が来るまで大切に取っておこうという考え方もわかりますし、

せっかくいただいたのだから使ってみたいという考えもわかります。

 

皆さんの家にもしまってある食器類があるんじゃないでしょうか。

使う使わないは置いておいて、

一度確認してみるのもいいんじゃないかと思います。

ひょっとすると今が使い時かもしれませんよ♪

 


至福のシフク♪みっつ目

仕覆3-0

 

平塚です。

 

仕覆(しふく)のご注文をいただきました。

 

仕覆とは茶入や茶碗などの茶道具類を入れる袋のことです。

仕覆には名物裂(めいぶつきれ)と呼ばれる高級織物が使用され、

絹製の組紐や縋り糸を使うのが定番とされています。

 

茶入や茶碗に合わせて作るオーダーメイド!

まさに一点物です!

 

以前にも紹介しましたが、

この仕覆、茶事や茶席では茶入や茶杓とともに客の拝見に供される重要な役目を持ちます。

 

 *至福のシフク♪ひとつ目 → こちら

 *至福のシフク♪ふたつ目 → こちら

 

 

今回クチブエが担当させていただき、仕上がった仕覆がこちら。

仕覆3-1

朽葉色、利休色、山吹色など。
落ち着いた黄系の色彩が大変豊かです。
この世界観を大切にしたかったので、緒&つがり糸も、黄系の刈安色に。
緒はしっかりとした太さがあるものを。
丸みのある全体像と合っていて、良いバランスに仕上がりました♪

 

仕覆3-2

両横からの姿。
更紗でおなじみ異国情緒あふれる植物や鳥がたくさん描かれています。
しかしよく見てみると、和柄でおなじみの唐草や七宝を思わせる形なども。
様々なテーマがぎゅっと詰まっており、まるで小宇宙のよう!

 

仕覆3-4

内布には白色の着物地を使用しました。
襦袢用の布地のような、すべすべでふわっとした質感です。
市松文様と四季花文様が織りであしらわれています。

底部分にも、更紗文様。
どのアングルからでも見所がたくさんありますね!

 

仕覆3-5

そんな仕覆の持ち主は、こちらの茶入さま。
お気に召していただけたでしょうか?

 

今回ご依頼いただいた仕覆は、

同系色の色合いで統一することをメインに制作してみました。

そして伝統を踏まえ、新しいことを取り入れ、クチブエらしく制作できたことを嬉しく思っています!

 

このような機会を持てたこと、まさに至福の仕覆(シフクのシフク)。

ご依頼ありがとうございました♪

 

こちらの仕覆、クリーマの『くちぶえ和手』の展示ページにも掲載しています。
=========================================
くちぶえ和手(クリーマ店)
『展示』茶入の仕覆・鳥唐草紋更紗

https://www.creema.jp/item/3042272/detail

『展示』仕覆ページ

https://www.creema.jp/c/kuchibue2code/item/display
=========================================

 


ラ・フランスの記憶?

ラ・フランス

 

平塚です。

 

ラ・フランスって食べたことありますか?

 

ずっと昔に食べた記憶があるのですが、

あまり味を覚えてない…というのが正直なところです。

 

つい最近、ラ・フランスをいただき食べてみるとビックリ!

梨と桃を掛け合わせたような味と食感!

本当に美味しい♪

 

気になり調べてみると…

フランスで開発された品種だそうですが、生産するには気候が合わず、今では日本でしか生産されていないんだそうです。

しかも正式名は品種の発見者であるクロード・ブランシェ(Claude Blanchet)氏の名前が付いていることにも驚きました!

 

さらに、

ラ・フランス=西洋梨(洋梨)ではなく、

西洋梨というくくりの中のひとつの品種がラ・フランスなんです!

ラ・フランスを含め西洋梨の品種数は4000種類以上あるんだそうですよ。

 

以前にバナナとリンゴ掛け合わせたバナップルのことをブログに書きましたが、

身近な果物でも知らないことがたくさんあるんですね。

 

 *バナナとリンゴ → こちら

 

美味しい果物が食べられることはとても幸せです♪

秋ですね。

 


古袱紗いろいろ♪

古袱紗セット2

 

平塚です。

 

以前このブログでも古袱紗(こぶくさ)の販売を開始したことをお知らせしました。

 

 *古袱紗を販売中♪こちら

 

販売を開始してご好評いただき僕たちも嬉しく思っています♪

 

今回は只今販売中の古袱紗をいくつかご紹介したいと思います。

 

古袱紗(通常サイズ)・黒地桜紋金襴

こちらは古袱紗(通常サイズ)・黒地桜紋金襴

黒を背景に咲き乱れる金色の桜がとても綺麗。
それに、少ない色数で巧みに織り出された色彩の豊かなこと!

 

 *古袱紗(通常サイズ)・黒地桜紋金襴の販売ページこちら

 

古袱紗(千歳盆サイズ)・四季草花紋金襴

こちらは古袱紗(千歳盆サイズ)・四季草花紋金襴

背景には、麻の葉文様。
その上に雪輪文様があり、中には四季の草花が。
藤、萩、菊、梅、牡丹、などなど、盛りだくさんの内容です。

 

 *古袱紗(千歳盆サイズ)・四季草花紋金襴の販売ページこちら

 

古袱紗(千歳盆サイズ)・鮫小紋町文様

こちらは古袱紗(千歳盆サイズ)・鮫小紋町文様

背景には、江戸小紋の代表格である鮫小紋。
雲取り文様からチラホラと見える町の様子が魅力的です。
行き交う人々のしぐさや表情が生き生きとしていて、想像力をかきたてられます!

常磐(ときわ)色と生成色で構成された、シンプルな布地です。
『常磐』とは永久不滅を意味する言葉で、年中緑をたたえる松や杉などの常緑樹を『常磐木』と言うのだとか。

 

 *古袱紗(千歳盆サイズ)・鮫小紋町文様の販売ページ → こちら

 

 

他にも様々な古袱紗を出品販売しています!

 

くちぶえ和手では、着物やデッドストックの布を使用して制作しています。
今の感覚とは一味違う魅力を持った文様がたくさん♪

 

まだまだこれからも出品予定です。

ほとんどが一点物ですので、お気に入りの商品があればお早めに♪

 

=========================================
くちぶえ和手(くちぶえにこで)
ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス「クリーマ」
https://www.creema.jp/c/kuchibue2code/item/onsale
=========================================

 


3つの鞄♪

3つの鞄

 

平塚です。

 

3つの鞄の縫製のご依頼がありました。

 

染色作家の山本さんからのご依頼です。

山本さんの柿渋染は深みがあるキレイな色♪

時間をかけてひとつひとつ手で染めておられるのがわかります。

 

その布にハサミを入れて縫う。

クチブエは重要な役目を担当させていただきます♪

 

1つ目の鞄。

3つの鞄1a

柿渋染と赤い布を組み合わせた袋鞄。

素朴な木製の持ち手が鮮やかな赤とマッチしています。

 

3つの鞄1b

外側の赤い布には作家さん本人による刺繍の手仕事。(左)

内側にはおとなし目の紫色の柄布を使用しています。(右)

 

2つ目の鞄。

3つの鞄1b

酒袋の縦長鞄。

柿渋で染めた酒袋を鞄に仕立てました。

 

長年使われた酒袋の痕跡をそのままに。(左)

鞄の内布には大漁旗を使用しています。(右)

 

3つ目の鞄。

3つの鞄1b

蓋付きの長方形の鞄。

三方を柿渋染の布で囲んだデザインに。

 

少しだけマチがある薄型の仕様。(左)

鞄の内布はシンプルな焦茶色。キーフックがついています。(右)

 

この3つの鞄は今月末より開催される「二人展・山本田鶴子×小倉麗子」で販売されます。

興味のある方は是非会場まで足をお運びください。

 

===============================

展覧会名:『二人展』
作家名:小倉麗子・山本田鶴子
会期:2016年10月25日(火)〜27日(木)
   1日目(25日) 12:00〜18:00
   2日目(26日) 9:00〜18:00
   3日目(27日) 9:00〜16:00
会場:ギャラリー空・鍵屋(鍵善良房)

   京都市東山区祇園町南側花町570-107

   http://www.kagizen.co.jp/store/

===============================

 


お神輿ワッショイ♪

御香宮お祭り2 御香宮お祭り1

 

平塚です。

 

京都伏見にある御香宮神社で毎年開催される御香宮神幸祭。

クチブエアトリエはその近くにあります。

 

最終日になるとお神輿が出て大賑わいに♪

大勢の人たちが「ワッショイ!」と声かけをしていました。

 

小さい頃からずっと神幸祭を見てきたので、

この時期になると当たり前の光景なのですが、何だか胸が躍ります!

 

神社内とその付近にはたくさんの屋台が出るのも恒例。

実はそっち目当てだったりします(笑)

 


ポスターぞくぞく♪

ポスター|最北の坂道

 

平塚です。

 

前回のブログでもご紹介しましたが、

クチブエイラストのポスター販売を開始しています!

 

インターネットのハンドメイド通販『iichi(いいち)』にてくちぶえ画廊として出品。

 

 *くちぶえ画廊(プロフィール)→ こちら

 *くちぶえ画廊(ショップ)→ こちら

 

現在、7作品を販売中!

クチブエの定番イラストでもある旅日記シリーズの北欧編をポスターにしています!

 

本日販売スタートとなった新作が、

上記画像の『最北の坂道/(ノルウェー・ナルヴィク)』です。

 

北欧ノルウェー北部にある都市、ナルヴィク。
北極圏に位置し、ヨーロッパ最北の駅がある町としても知られています

まずは地図をたよりに、宿泊場所を目指します♪

 

 

もうひとつご紹介。

ポスター|図書館

こちらは『図書館/(フィンランド・ロバニエミ)』です。

ラップランドにあり、かの有名なサンタさんのホームタウンとしても有名な場所。

ロヴァニエミ市立図書館で見たことのない沢山の本に囲まれています。


 

ポスターは全てA3サイズ(420x297mm)。

日本家屋に飾りやすいサイズとなっています!

 

印刷は印刷会社で行い、

用紙は光沢少なめのマットコート紙を使用しています!

 

あくまでイメージ見本として額装していますが、

販売はポスターのみとなっていますのでお好みの額でお楽しみいただけると嬉しく思います!

 

これからも北欧編のイラストポスターを販売予定、

そして次のイラストジャンルのグッズも控えています♪

 

======================================
くちぶえ画廊
インターネットのハンドメイド通販『iichi(いいち)』
https://www.iichi.com/shop/gallerywhistle
======================================

 


ポスター販売開始しました♪

ポスター|白い幹

 

平塚です。

 

クチブエは「イラストとデザインのものづくり」と短い説明をつけています。

 

スタート当初から

「イラスト自体を販売しないのですか?」というご質問をよくいただいていました。

実はいろいろ諸事情もあり、

なかなかイラスト単体での販売には踏み切れなかったのですが…

 

この度、クチブエイラストをポスターとして販売することが決定しました!

 

インターネットのハンドメイド通販『iichi(いいち)』にてくちぶえ画廊として出品しています。

 

 *くちぶえ画廊(プロフィール)→ こちら

 *くちぶえ画廊(ショップ)→ こちら

 

 

クチブエサイトでもご紹介しています旅日記イラストシリーズがポスターに♪

 

まずは北欧編!

フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーなど、

北欧に出かけた際に出会った何気ない風景、楽しい人々、お土産物や雑貨などなど、

様々なものをクチブエ目線でイラストにしています!

 

イラストの中には旅をしているオレンジ色のリュックを背負った女の子が登場します。

ご存知の方もおられるかもしれませんが、

僕たちがサイトでこっそり?連載している5コマ漫画の中に登場するキャラクターなんです。

興味のある方はそちらも是非♪

 

 *くちぶえコミック(略してクチコミ)→ こちら

 

 

くちぶえ画廊はアートグッズをメインに販売するショップをコンセプトにしています。

これからもグッズをアップ予定ですので、お楽しみに♪

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:383 最後に更新した日:2016/12/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM